多汗症は一種類ではない!それぞれの特徴とケア方法

汗は体温調節するという重要な働きがあり、暑くなれば汗をかいて体温を下げてくれます。

もしも、暑くても汗をかかなければ体温が上昇した状態が続き、熱中症などを発症してしまうこともあります。

体は危険などを察知して守るために汗を出してくれますので有り難いのですが、必要以上に出てくるのは有り難いと言えません。

服が濡れてしまいますし臭いを発生させることもありますので、嫌われたり失敗したりする原因になることもあるのです。

こうした汗を必要以上にかいてしまうのは多汗症が考えられます。

この多汗症とは文字通り汗を多くかくという症状があらわれ、日常生活に支障をきたすレベルの発汗量で、日本人の約4~5%が発症していると言われています。

また、多汗症は暑くもないのに大量の汗をかいてしまいますが、自律神経のコントロールが上手く機能していないときに起こります。

このような多汗症には種類があり、全身性多汗症と限局性多汗症です。

全身性多汗症は全身から大量の汗をかき、様々な病気がきっかけで発症することもありますし遺伝によって起こるともされています。

限局性多汗症は体の特定部位から大量の汗を出す多汗症とされており、主な原因は緊張やストレスと言われています。

また、多汗症は先天性形質であるかや後天性形質であるかによって原発性多汗症と続発性多汗症に分類することができます。

原発性多汗症の特徴

汗がたくさん出てしまうと厄介ですし、周りの人にジロジロ見られることもありますので、できるだけ汗はかきたくないものです。

しかし、汗は体温調節などをする重要な役割がありますので必要となりますが、大量に出てしまうのは避けたいでしょう。

とは言え多汗症になると汗がダラダラ出てしまいますので日常生活に支障をきたすこともあります。

その多汗症には原発性と続発性多汗症があるのをご存知でしょうか?

原発性多汗症とは病気や薬物などが原因でない過度の発汗があり、体の特定部位にだけ大量の汗をかきます。

未だはっきりとした原因は解明されていませんが、幼児期や思春期、青年期に発症することがよくあるとされています。

それに、常染色体優位な遺伝形質として遺伝するといわれており、手の平に汗をかく手掌多汗症、足の裏に汗をかく足底多汗症、ワキの下に汗をかく腋窩多汗症、顔に汗をかく顔面多汗症、頭に汗をかく頭部多汗症といった部位に症状があらわれます。

こうしたことからも分かるように原発性多汗症は様々な部位から汗が大量に出てきますので、その部位に合わせた対策が必要となります。

自分で対策をとって改善することもできますが、それでも改善できない場合は病院に行って治療すると良いでしょう。

続発性多汗症の特徴

サウナやお風呂で汗をかくのは気持ち良いときもありますが、何もしていないときに汗をかくのは気持ち良くありませんし服や下着などが濡れるので厄介です。

少量ならまだしも大量に汗をかくのは嬉しいことではありません。

その大量に汗をかく病気に多汗症がありますが、全身に大量に汗をかくのを続発性多汗症とも言います。

この続発性多汗症は遺伝によって起きることもありますが、主な原因となるのは他の病気が引き金になっているとされています。

引き金になるされている病気は、甲状腺疾患、糖尿病、褐色細胞腫、自律神経失調症、更年期障害、パーキンソン病などです。

甲状腺疾患は代表的なもにバセドウ病があり、甲状腺の機能が活発になって甲状腺ホルモンが大量に分泌されることで汗をかいてしまいます。

糖尿病には合併症として神経障害という症状があり、体温調節する自律神経のバランスが乱れることによって全身から汗をかきやすくなります。

褐色細胞腫はアドレナリンが分泌されることによって代謝が高まって大量の汗をかいてしまいます。

自律神経失調症は症状の一つに異常発汗があり、更年期障害は汗腺の調節がうまくできなくなって異常な発汗が起こってしまいます。

このような病気によって異常な発汗がある続発性多汗症ですが、遺伝や生活習慣、ストレスなども深く関係してきますので、こうしたことにも気を付けておかなければいけません。

症状に合ったケア

原発性多汗症と続発性多汗症のどちらにも良い対策は規則正しい生活と食生活を見直すことです。

規則正しい生活とは十分な睡眠時間をとって早寝早起きし、適度な運動を毎日行うことです。

これによって自律神経のバランスやホルモンバランスを整えることができ、多汗症を改善しやすい体を作ることができます。

食生活を見直すのは交感神経を活発にさせない食事をとることで、刺激の強い料理や脂肪分が多い食事は多汗症の症状を悪化させるので控えるようにしましょう。

また、喫煙は交感神経を刺激して活発にさせることがありますのでやめた方が良いでしょう。

原発性多汗症は他の病気を患うことによって発症することが多くあるため、その病気を根治させることによって多汗症も改善できることがあります。

それと、多汗症はツボを刺激することで汗の量を減らすことができますし、漢方薬やサプリメントを服用することでも改善できる場合もありますので、多汗症で悩んでいる人は試してみてください。

また、原発性多汗症は塗り薬やボツリヌス療法、飲み薬や手術などで改善することもでき、高い確率で多汗症を改善できる対策とされていますので、最終手段として検討しておくと良いでしょう。

臭いケアも大切

多汗症は体の様々なところに汗をかきますので、そうした部位から臭いを発生させることもあります。

汗自体は無臭ですが、雑菌がエサにして分解することによって臭いを発生させることもありますし、体が疲れているときはアンモニア臭がすることもあります。

また、遺伝による体質的にアポクリン腺が多い場合は臭いがキツクなり、特にワキの下からは強烈な臭いを発生させることもあります。

臭いの原因となる雑菌を繁殖させないためには清潔を保つのは勿論のこと、食事や生活習慣などにも気を付けておかなければいけません。

デオドラント剤を使用したり薬を塗ったりして臭いを消すのも良いでしょう。

多汗症はワキガとは違いますが、臭いを発生させることもありますので注意が必要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です