ワキガや体臭はホルモンが原因?

ワキガや体臭はホルモンが原因?

ワキガや体臭はホルモンが原因?

男性ホルモンが多いと体臭もきつい?そもそも男性ホルモンというのはどういったものでしょうか。

男性ホルモンの実体はほぼテストステロンと言ってもいいでしょう。
このテストステロンは睾丸で作られるものです。

そして生殖器を成長させ、男性らしい体つき、さらには内面的な男性らしさを作る成長ホルモンなのです。

ちょうど女性には女性らしさを司る女性ホルモンが多く分泌されるのと同じことが言えるわけです。

この、テストステロンの分泌量には個人差があります。
環境や年齢によってその分泌量が変化する繊細なものなのです。

そして、男性ホルモンというと男臭さの象徴と言ってもいいでしょう。
この男性ホルモンが多いと体臭がきつくなってしまうのでは、と考える人も少なくないと思います。

体臭の強さというのは、皮膚の表面に分泌される皮脂の量に大きく影響されます。
特に加齢臭と呼ばれる中高年の体臭の原因は毛穴に詰まった皮脂が酸化することによるもので、「ノネナール」という物質が発生するのです。

そして、男性ホルモンが過剰に分泌されれば、皮脂も過剰に分泌されてしまうのです。

これが男性特有の汗臭い体臭の正体なのです。

それでは体臭を消すためには、男性ホルモンの分泌量が少ない方がいいということになるのですが、ことはそれほど単純ではないようです。

 

40代以降は男性ホルモンが低下

男性は加齢とともにその体機能が減少していくのですが、男性ホルモンも同様にその分泌量が加齢とともに低下していくことがわかっています。

そうなると男性機能はともかく、体臭も減っていくのではないかと期待してしまうのですが、実はそれほど単純なものではないのです。

男性ホルモンは生命活動を行ううえでも、肉体的そして精神的にも必要なものです。
男性ホルモンの不足によって身体機能は当然ですが、精神的なもの、例えばやる気が減少してしまいますし、それと同時に集中力が落ちてしまうこともわかっています。

加齢とともに、男性ホルモンの分泌量は低下していくので体臭もやわらぐということではなく、全体的な体機能が衰えてしまうので、新陳代謝の機能も落ちてしまいます。

そうなると有害な毒素が血液中に流れ込んでそれが汗と一緒に排出されて体臭となってしまうのです。

男性ホルモンの分泌量が体臭と密接な関係にあることは間違いないのですが、それと同時に加齢による体機能の衰え、新陳代謝の低下なども考慮しなくてはいけないのです。

男性ホルモンの分泌量が低下してもそれと同じくして加齢が進んでしまうので、それが一つの要因となって体臭の悪化が進んでしまうことがあるということを忘れてはいけません。

 

体臭がきつくなる40代以降のケア

揚げ物

40代以降の体臭ケアとなると、まずは食事の改善が一番です。
体臭の原因は男性ホルモンだけではありません。

脂っこい食事が多いと悪玉菌が増えてしまって、内臓脂肪が体内に蓄積されてしまいます

この内臓脂肪が酸化することで体臭が生み出されてしまうのです。
また、肥満いわゆるメタボ体型ですが、このような体は体臭においても大敵と言えます。

高カロリーな食事が続いたと思ったら、自分で意識的にコントロールして、野菜を補充するようにしましょう

また、乳酸菌をとるなどして悪玉菌と善玉菌のバランスをとるようにしましょう。
そして、食事の改善の他に着ている服の素材にも気をつけてみましょう。

体臭の大元は汗です。汗をかいてそれをすぐに拭くことができたら体臭もそれほど臭わないのですが、汗を放置してしまうとそれが皮脂と反応して体臭となってしまうのです。

かいた汗が皮膚と服の間でもわもわしないように、化学繊維で作られた服よりも綿や麻などの天然素材で作られた衣服を着るようにしましょう。

汗による湿気を外に逃す工夫をすることで体臭を抑えることができるのです。

wpmaster