中国茶の種類

中国茶の種類

 

日本でもたくさんのお茶があり毎日に生活に欠かすことのできない物となっていますが、お茶の発祥地とも言われている中国では日本よりももっとたくさんのお茶の種類があり、好みや食事内容、体調や季節に合わせて選ぶ人が多いようです。

 

中国のお茶というとウーロン茶、ジャスミン茶、プーアール茶などを思い出すはずで、中国、台湾、香港などに旅行に行くとほとんどの人がこれらのお茶をお土産に購入するのではないでしょうか?日本よりも伝統があるお茶は奥が深く、伝統茶を扱うお店もたくさんあり多く地元の人だけではなく多くの観光客からも人気があるようです。

 

台湾ウーロン茶

 

私も台湾に旅行に行った際に黒烏龍茶を購入しましたが、今まで飲んだウーロン茶とは全く違う味に感動し日本でも同じようなお茶を捜していますが、やはり現地と同じものは手に入らないためお茶を買うためにもう一度行きたいとすら思っています・・それほど一度飲んだら忘れられないものなのです。

 

 

実はこのような中国茶は数百種類あると言われています!しかし、驚くことにお茶の元になるのはすべて同じカメリア-シネンシスという木で、世界には380種類のカメリア-シネンシスがありますが、そのうちの260種類が中国にあるためたくさんの種類のお茶が出来たようです。

 

全てカメリア-シネンシスから出来ているお茶ですが、発酵の進み具合によって6種類に分類され他にジャスミン茶のように香りをつけたものなどは再加工茶に分類されます。

 

同じお茶でも緑茶のように緑のものやウーロン茶のように黒いものがあるのはこの発酵の過程で色が変化したからで、それによって全く違う葉から出来ている用に味や風味まで全く違うお茶が完成するのです。

 

 

日本でも好まれている緑茶は不発酵のお茶で健康やお酒の飲みすぎ、夏に飲むことが多く殺菌作用もありますがカフェインが多く含まれているため、夜は控えた方が良いお茶です。

 

白茶や黄茶は高級な茶葉で甘みが強く贈り物としても喜ばれます。

 

30%〜70%発酵させたものがウーロン茶で、色々な種類があり風味や味が違うため中国では好んで飲む人が多いお茶でもあり、見た目から青茶とも呼ばれています。

 

茶葉を100%発酵させたものが紅茶でこちらもたくさんの種類がありマイルドで人気があります。

 

そして後発酵デ作られるのが黒茶(プーアール茶)で、このお茶は便秘解消やダイエットにも効果があるため日本でも大変人気のあるお茶です。

 

このように中国茶は同じ木からたくさんの種類が作られており、最近ではそれに香りなどをプラスして若い人が好むお洒落なお茶も人気があります。

 

 

おすすめ!健康に良い中国茶とは

 

中国茶は健康のためにもとても良い飲み物で、種類によって効果が違うため自分が求める効果によって選ぶことで美味しいだけではなく健康まで手に入れることができ、何気なく毎日の飲むお茶を飲む時間や体調に合わせて選ぶように合うるだけで生活の質まで上げることができるかもしれません。

 

もちろんお茶は薬ではないのですぐに効果が出るものではありませんが、リラックス効果も高く上手により入れることが大切なのです!発酵が低いお茶は鎮静効果があり体を冷やす効果があり、発行が高いお茶は体を温める効果があります。

 

最も発酵が低い緑茶は頭がすっきりする効果があるので朝の目覚めに最適で、黒茶などの発酵したお茶は新陳代謝を促進し体内の毒素を排出する効果があるため、コレステロールが体外に排出されるため食生活が不規則な人や脂っこいものが好きな人の健康維持に役立つお茶なのです。

 

 

このように、同じお茶でも発酵の過程で色々な成分が加わり健康維持に大いに役立てることが出来ます!もちろん美肌や便秘解消にも効果的なお茶もあるので、若い女性もどんどん取り入れるべきですね!特にプーアール茶は若い女性に嬉しい効果がたくさんあり、ビタミン類やミネラル、デトックス効果も高いのできれいになりたい人におすすめです。

 

ダイエットプーアール茶・お得な公式サイト